飲食人大学は、未経験からプロの料理人になるための短期間で修得できる短期集中型のプログラム!

飲食人大学 就職
[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

飲食人大学は、未経験からプロの料理人になるための「3ヶ月の短期修行」を提供しています。

寿司マイスター専科と中華マイスター専科の2つのコースがあり、実技8割の講義で寿司や中華料理の基礎から応用までの技術を身に付けます。

この学校は、飲食業界で働く人や飲食人のための学校で、現場で通用する技術を短期間で修得できる短期集中型のプログラムを提供しています。日本人の食の知識・技術を世界へ発信するためのキャリアアップや自信に繋がる技術の向上を目指しています。

飲食人大学は、食の分野で職人と言われる人材育成のハードルを下げ、業界自体の人手不足や、業界で活躍する職人、キャリア形成を支援することを目的としています。

飲食人大学を修了した後、さまざまな仕事の選択肢があります。

以下は、修了生が考えられる職業のいくつかです。
1. プロの料理人:飲食人大学の修了生は、プロの料理人としてレストランやホテルで働くことができます。寿司マイスター専科や中華マイスター専科の技術を活かして、美味しい料理を提供することが求められます。

2. 料理教室の講師:修了生は、自身の料理スキルを生かして、料理教室で講師として働くことができます。他の人々に料理の楽しさや技術を伝える役割を果たします。

3. フードコンサルタント:飲食業界での経験を活かして、レストランや食品企業にアドバイスを提供するフードコンサルタントとして働くことができます。メニュー開発や食材の選定など、幅広い知識が求められます。

4. フードライター:修了生は、食に関する記事やレビューを執筆するフードライターとして活動することもできます。食文化やレシピについての知識を生かして、執筆活動を行います。

5. 自営業:飲食人大学の修了生は、自分のレストランやカフェを開業することも考えられます。独立して料理を提供する場合、経営スキルも必要です。

修了後のキャリア選択は、個々の興味やスキル、経験によって異なります。
飲食人大学の修了生は、食の世界でさまざまな道を選ぶことができます。

飲食人大学を修了した後、さらなるスキルアップを目指す

以下は、スキルアップのためのアイデアです。
1. 実務経験を積む:料理の世界では、実際の現場での経験が非常に重要です。レストランやホテルで働きながら、さまざまな料理を作り、技術を磨いていくことがスキルアップにつながります。

2. 他の料理学校に通う:飲食人大学以外の料理学校に通うことで、さらなる専門知識や技術を学ぶことができます。例えば、パティシエ専門の学校やワインソムリエの資格を取得するための学校などがあります。

3. 海外で学ぶ:世界各国の料理文化を学ぶために、海外で修行することも一つの方法です。異なる国の伝統的な料理を学び、自身の技術をさらに高めることができます。

4. 新しい料理のトレンドを追求する:飲食業界は常に変化しています。新しい料理のトレンドや食材を追求し、自身のメニューや技術に取り入れてみましょう。

5. 食材の知識を深める:料理に欠かせない食材の知識を深めることで、よりクリエイティブな料理を作ることができます。食材の産地や旬、保存方法などについて学びましょう。

これらの方法を組み合わせて、自身のスキルをさらに高めていくことができます。
飲食人大学の修了生は、食の世界でさまざまなキャリアパスを選ぶことができるので、
自身の興味や目標に合ったスキルアップを進めていってくださいね!

飲食人大学で習得した技術は、さまざまな場所で活用されています。

修了生たちは、以下のような場面でその技術を発揮しています。
1. レストランやホテルのキッチン:飲食人大学の修了生は、プロの料理人としてレストランやホテルのキッチンで働いています。寿司マイスター専科や中華マイスター専科の技術を活かして、美味しい料理を提供しています。

2. 料理教室やセミナーの講師:修了生は、自身の料理スキルを生かして、料理教室やセミナーで講師として活動しています。他の人々に料理の楽しさや技術を伝える役割を果たしています。

3. フードコンサルタント:飲食業界での経験を活かして、レストランや食品企業にアドバイスを提供するフードコンサルタントとして働いています。メニュー開発や食材の選定など、幅広い知識が求められます。

4. フードライター:修了生は、食に関する記事やレビューを執筆するフードライターとしても活動しています。食文化やレシピについての知識を生かして、執筆活動を行っています。

5. 自営業:飲食人大学の修了生は、自分のレストランやカフェを開業することも考えている人もいます。独立して料理を提供する場合、経営スキルも必要です。

修了生たちは、食の世界でさまざまな道を選び、その技術を活かしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました