国家資格『マンション管理士』の試験日?合格後、登録して名称を使用し業務ができる!

apartment-manager 資格
[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

マンション管理士試験について(国家資格 マンション管理士)

受験資格 どなたでも受験できます。

試験日  2023年11月26日(日)

受験案内・申込書配布
2023年8月1日~10月2日(月)

申込受付期間
2023年9月1日(金)10:00~10月2日(月)

WEB申込
クレジットカードのみの支払となります。

郵送申込
受験申込書類一式を専用封筒に入れ「特定記録郵便」で郵送します。

申込受付期間
2023年9月1日(金)~10月2日(月)(※当日消印有効)

受験手数料  9,400円

試験地   札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、広島市、福岡市、那覇市
これらの周辺地域

試験形式  50問4肢択一 マークシート方式 (2時間)
(管理業務主任者試験の合格者は5問免除)

試験内容
1.マンション管理に関する法令及び実務に関すること
2.管理組合の運営の円滑化に関すること
3.マンションの建物及び付属施設の構造及び設備に関すること
4.マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること

合格発表  2024年1月5日(金)

合格者は、登録することにより「マンション管理士」の名称を使用して業務を行うことができます。

\\↓公式サイトはこちらをクリック//
LEC東京リーガルマインド

マンション管理士は「マンション管理適正化法」による国家資格であり、国家試験合格率は10%を切るほど難易度が高いです。
一般的に、マンション管理士はマンション管理会社や不動産会社などで働きます。
また、独立して開業することも可能です。

マンション管理士は、マンションの管理に関する専門知識を有し、マンション管理組合の運営や大規模修繕等といったマンションの維持・管理に関連する内容に関し、助言や指導等のコンサルティング業務を担当します。

具体的には、マンション管理組合の運営や大規模修繕等といったマンションの維持・管理に関連する内容に関し、助言や指導等のコンサルティング業務を担当します。

マンション管理士として独立開業するためには、以下の手順が必要です。
1. マンション管理士試験に合格する。
2. マンション管理士登録を行う。
3. 独立開業をする。

マンション管理士として独立開業するための一般的な手順と費用の概要です。
・事務所や設備の設置費
・マンション管理士協会加入料
・広告宣伝費

また、独立開業後は、顧客獲得のために広告活動を行う必要があります。
詳細な情報や具体的なアドバイスを得るためには、専門家に相談することをおすすめします。

\\↓公式サイトはこちらをクリック↓//
LEC東京リーガルマインド

コメント

タイトルとURLをコピーしました